海外FX・仮想通貨・投資競馬(WIN5)などあらゆるジャンルで毎週10万円を目標に稼ぐことを追求するサイト

海外FX業者のアフィリエイトで毎週10万円稼ぐには

ブログ系
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私がXMアフィリエイトを始めたきっかけ

私は競馬が好きで、毎週競馬をやって、恥ずかしながら毎週負け続けていました。毎週の馬券代も負けが続くとなかなか馬鹿にならない額で、この競馬という趣味に使うお金をどうにか稼げないかと思い、たどり着いたのが海外FX業者のアフィリエイトです。

海外FX業者のアフィリエイトは稼げる

私もまだ始めたばかりで結果はまだ出ていませんが、海外FX業者のアフィリエイトは毎週10万円どころか月100万円も稼げるみたいです。 海外FX業者アフィリエイトで検索すると 月100万円 稼いだというサイトがたくさん出てきます。稼げる理由は、報酬が高く、その高い報酬を何回も受け取れるからなんだそうです。

海外FX業者XM(エックスエム)を例に説明していきます。

海外FX業者XM(エックスエム)アフィリエイトの稼げる仕組み

海外FX業者XM(エックスエム)アフィリエイトで報酬が発生するパターンはいたってシンプルで、次の2つのパターンです。

  • 自分が紹介したトレーダーが取引をする
  • 自分が紹介したアフィリエイターのトレーダーが取引をする(サブアフィリエイト)

では、どうやって紹介するのかというと、簡単に説明すると

XMのサイトでまずパートナー登録をして、登録すると紹介専用のリンク(アフィリエイトリンク)がもらえるので、そのリンクを自分のSNSやブログに貼ります。

そのリンクを経由して、見てもらっている人にトレーダー登録またはパートナー登録してもらえれば、紹介したということになります。

ただ、登録してもらうだけだと報酬は出なくて、その紹介したトレーダーに取引して
もらって初めて報酬が出る仕組みになってます。

またトレーダーの数に応じて報酬額も変わってきます。

アクティブトレーダーの数10万通貨(1ロットあたりの報酬額)
1~2人3ドル
3~10人7ドル
11~30人9ドル
31人~10ドル

トレードしてくれる人が多ければ多いほど報酬額も上がってきます。まずはトレーダー3人以上を目指すところから始めるとよいかと思います。

XMアフィリエイト の稼げる理由
  • 1ロットの投資で最大で10ドルの報酬
  • 単発報酬じゃない
  • パートナー登録してくれれば10%報酬が入る
  • 海外口座だが日本の電話・メールサポートが充実
  • バナーなどが豊富で使いやすい

まずは自分がパートナー登録をしないと何もはじまりません。

こちらから登録できるのでまずは登録してください ⇒ XMサイトからパートナー登録する

登録にお金がかかるんじゃ…?

登録は無料です。途中でやっぱりやめたとしても別にペナルティも何もないです。簡単そうだからとりあえずやってみようかなと思ったら、登録しておくことをおすすめします。時間も3分くらいで終わります。

XMパートナーの登録方法

XMパートナーの登録方法を説明します。

まず XMパートナーの 登録画面へ行きます。

パートナー口座の登録をクリックします。なぜパートナー口座と呼ぶのかは自分もわかりませんが、あまり気にせず次に進みます。

氏名・生年月日・住所を入力します。ローマ字で入力します。

英語の住所は、「君に届け」や「JuDress」を使うと簡単に入力できます
君に届け→https://kimini.jp/
JuDress→http://judress.tsukuenoue.com/

残りの項目を入力します。*がついていない項目は必須ではないので入力しなくても大丈夫です。

パートナー口座を開設するをクリックすると、登録したアドレスにメールが届くので、それを確認すれば登録完了です。

届いたメールにアフィリエイトIDが書いてあるので、それでパートナー口座にログインします。パスワードは登録したときに設定したパスワードです。

XMアフィリエイトのやり方

パートナーログイン画面からログインすると紹介専用のバナーやリンクがあります。

【リンク】

このリンクをSNSや自分のブログなどにがしがしと貼り付けていきます。うまくやっているの人のを参考にすると良いかもしれません。

【バナー(マーケティング素材)】

バナーも豊富に用意されていますので活用してください。使い方も簡単で、HTMLコードを記事に埋め込むだけです。 参考までにこのHTMLコードをこの記事に埋め込むと下の通りに表示されます。

XMアフィリエイトをやるための基本的な準備は以上です。

準備ができたからといってすぐには収入につながらないみたいなので、まずは根気よくブログを書いたり、SNSで宣伝するなど周知活動を頑張りましょう。

コメント